猫の室内飼いは絶対にやめてください?完全室内飼いはかわいそうだから? | ご機嫌な暮らし
当サイトはプロモーションを含みます

猫の室内飼いは絶対にやめてください?完全室内飼いはかわいそうだから?

猫の室内飼いは絶対にやめてください?

猫の室内買いは絶対にやめてくださいという主張は正当なのでしょうか?

昭和の時代は猫は外をウロウロしていて、庭先でエサをあげるだけという飼い方をしているイメージなんですが、現在は室内で飼うのが一般的なのではないでしょうか。

 

そんな猫の飼い方に逆行する意見として、「猫の室内飼いは絶対にやめてください」というのがあります。

どこから発された主張で、本当に猫を室内飼いするのはダメなのかについてまとめています。

created by Rinker
¥1,320 (2024/05/18 19:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

室内飼いVS外飼い論

「猫の室内飼いは絶対にやめてください」という主張については、賛否両論が存在し、その背後には様々な理由や視点があります。

室内飼育に賛成の立場からは、猫の安全や健康が最優先されるべきだと主張されています。

室内飼育に反対の立場からは、猫が外で自由に過ごすべきだとの意見も根強く存在します。

 

猫の室内飼いのメリット

室内飼育を支持する人々は、猫の安全性と健康を最優先に考えています。

具体的な理由として、以下のポイントが挙げられます。

 

交通事故のリスクをなくす

猫が外を自由に歩き回る場合、交通事故に巻き込まれる可能性が高まります。

自動車事故や交通量の多い道路での事故は、猫の安全を脅かします。

 

早朝などに道路で車にはねられた猫の亡骸を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

病気の予防

猫を室内で飼育することは、感染症や寄生虫から猫を守ることにつながります。

野外で他の野良猫と接触することで感染症が広がる可能性があるため、室内での飼育は感染症のリスクを軽減します。

 

すでに猫を飼っている状態で野良猫を保護した場合、隔離する必要があります。

 

環境保護

室内飼育は野生生物への影響を最小限に抑えます。

野外で猫が狩猟行動を行うことは地域の生態系に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

また、野良猫が多い地域では花壇や庭などに糞尿の被害が出ています。

 

猫の安心感

室内飼育の環境は、猫にとって安心感を与えてくれます。

外部の要因からのストレスが少ないため、猫は安心して生活できるとされています。

 

当然のことですが、野生生活をしている野良猫と違って室内飼育の猫は気温や天候の変化に左右されず、安定した環境で過ごすことができます。

 

室内飼育反対の言い分「猫の室内飼いは絶対にやめてください」

一方、室内飼育に反対の立場からは、猫が外で自由に過ごすべきだという考えがあるようです。

 

猫の自然な行動

猫は自然界での狩猟行動や社交行動が本能的に求められる動物です。

外での自由な行動は、猫がこれらの本能的な欲求を満たす手段となります。

 

例えば、外での遊びが猫の運動能力や知的刺激を提供し、猫の幸福感に寄与します。

 

ストレスの軽減

室内飼育は猫にとってストレスを引き起こすことがあります。

例えば、狭い室内空間に閉じ込められることで、猫は運動不足や社会的孤立によるストレスを感じる可能性が高まります。

外での遊びや探検が、猫のストレス軽減に寄与します。

 

健康への影響

外での運動と自然の日光に触れることは、猫の健康に良い影響を与えると考えられています。

例えば、太陽光を浴びることでビタミンDを生成し、骨の健康を維持できるとされています。

 

猫の幸福感

猫は自由に外で過ごすことにより、幸福感を得ることができます。

例えば、外の景色を眺めたり自分の縄張りを広げたりすることで、猫は豊かな環境で暮らすことができます。

 

「猫の室内飼いは絶対にやめてください」は賛否両論ある

このように、室内飼育に賛成の立場と反対の立場の間で様々な議論が交わされています。
どちらが絶対の答えであるかは確定しておらず、飼い主や猫の特性によって最適な飼育方法は異なることがあります。

 

例えば、室内飼育支持派の立場からすると、猫の安全と健康を第一に考えることは非常に重要です。

猫が外での冒険や自由な生活を楽しむことは魅力的ですが、それに伴うリスクを考慮する必要があります。
交通事故や感染症の予防、野生生物への影響を最小限に抑えるために室内飼育が選択されることがあります。

 

一方で、室内飼育に反対する立場からは、猫の自然な行動や幸福感を尊重する主張がなされています。

猫は自由な環境で狩猟行動や社交行動を楽しむことができるとされ、室内飼育によるストレスや健康への影響を懸念する声もあります。

 

室内飼育の猫は幸せに暮らし、外飼いや野良の猫は外での自由な生活を楽しんでいます。

最終的に、猫の安全と幸福を考慮しながら、最適な飼育環境を提供することが飼い主の責任です。

 

猫を完全室内飼いするときのポイント

猫を完全に室内飼いするには、快適な居住環境が重要です。

室内での猫の生活はストレスなく過ごすことがとても大切です。

室内飼育にはいくつかのポイントがあり、これらを無視すると猫にとって問題が生じる可能性があります。

高い場所を提供すること

猫にとって、高い場所は重要な環境です。

これにより、猫は自分の領域を見渡すことができます。

室内飼育の猫にとって、部屋・家全体がその領域であり、高い場所を提供することは猫のストレスを軽減するのに役立ちます。

 

高い場所にアクセスできることで、猫は運動不足を解消する機会も得られます。

 

キャットタワー、キャットウォークの設置だけでなく、家具や本棚を連結させて高い場所を作ることもできます。

窓際に高い場所を提供すると、猫は外の景色を楽しむことができ、刺激を受けるでしょう。

 

安心できる隠れ家を用意

高い場所に加えて、猫が安心して過ごせる隠れ家を提供することも重要です。

狭くて暗い場所で、猫が隠れやすい状態を作ることが必要です。

 

このような隠れ家は、予期せぬ訪問者や突然の騒音から猫を守り、ストレスを軽減します。

販売されている猫用品の中には、隠れ家として使用できるものもありますし、ダンボールハウスを自作するなど、予算に合わせて工夫することもできます。

 

必要な猫グッズを揃える

室内飼育の猫のために、食器、飲み水容器、キャットフード、猫トイレ、爪とぎなどの必要な用具を用意することが重要です。

特に、猫に合った爪とぎを設置することが重要。
適切な爪とぎがない場合、猫はストレスを感じて家具や壁を傷つける可能性があります。

 

脱走対策を考える

室内飼育の猫でも、好奇心旺盛な猫は時折外に脱走しようとします。

脱走が不幸な事故につながらないように、脱走対策を考えることが重要です!

 

イタズラ対策

猫は自宅を縄張りと考え、探検したり遊んだりします。

しかし、家の中には猫にとって危険なものもあります。

 

キッチンには調理器具や有毒な食材があるかもしれません。

これらを猫の届かない場所に保管し、誤飲や誤食を防ぎましょう。

 

外が見えるようにする

猫は縄張り意識が強く、自宅からでも外界を監視しようとします。

また、日光浴は体内時計を調整し、体温を維持するのに役立ちます。

 

家の周りを見渡せたり日光浴ができる窓辺に、猫の居場所を作ってあげると良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました