手紙ひっぱる折り方 | 長方形からできるおもしろい折り紙レター

手紙ひっぱる折り方 (15) 手紙の折り方
手紙ひっぱる折り方 手順15

手紙の折り方を紹介します♪

 

ひっぱる折り方で便せんよりもコピー用紙やルーズリーフに手紙を書いたときに使いたいおもしろいやり方です。

 


海外ではメジャーというか人気の折り方っぽいですよね(^^)

 

ひっぱる手紙の折り方 ~長方形で~

 

1.横長の状態から折り始めます。

 

2.半分に折ります。

 

3.折り目を付けて開いたら折り目に合わせて角を三角に折ります。

 

4.全部の角をおなじように折ります。

 

5.上下をまんなかの折り目に合わせて折ります。

 

6.左右の三角の部分を内側に折ります。

 

7.裏返します。

 

8.三分の一のところで折ります。

 

9.反対側からも折ります。

 

10.
さし込みます。

 

ひっぱる折り紙の完成です!

 

 

『ここを引っ張るんだよー!』という目印を付けておきます。

 

 

矢印とか「ひっぱってね★」とかマジックで描いたりシールをつけたり。

矢印のところをひっぱるとピローンと出てきます!

 

 

はじめてみたときはどうなってるのかわかりませんが、折ってみるとすごく簡単です。

 

最後のさし込むところが少しやりにくいので、ゆっくりゆっくりねじ込んでいきましょう。

 

 

カラフルな便せんだと手紙を開けるときにひっぱる目印が目立たないので、無地の紙やシンプルな便せんがいいと思いますよ。

 

もらったときに『ワクワク』するような可愛いデコレーションをして、友達や家族に手紙をおくりましょう♪

 

さいごに

いがいと簡単にできる手紙のひっぱるタイプの折り方でした。

 

中にちょっとしたもの(シールとか板ガムとか)なら入れることができるので、おすそ分けにも使えますよ。

開けたときにブワー!!となる可能性があるのでバラけてしまうものは小袋に入れてから入れたほうがいいです。

 

小銭を入れるときは注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました