ネッククーラークールリングのレビュー|すぐ冷たくなくなるけど真夏は手放せないお助けアイテム!

子どもグッズ

2022年の夏の冷え冷えグッズといえば、ネッククーラーやクールリングが大流行り。

ダイソーにも登場して売り切れ続出で入手困難。
ネッククーラーはいろんなショップで売っていたので、この夏購入したという人はかなりいるんじゃないでしょうか。

 

私も『真夏でも電気代を使わずに暑さを和らげたい』と思って、話題の「クールリング」を購入しました。

7月に購入して、8月中使ってみた感想や使用感をレビューしていきます。

 

クールリングは類似品がたくさんあるけどSUO」が元祖のようですね。

ダイソーでも売っていると話題になっていました。
100円商品ではないにも関わらずかなり人気商品だったらしくて、ダイソーに売ってると知った時にはすでに入手困難となっていました(´;ω;`)

6月にすでに猛暑のような日が何日もあったので、夏真っ盛りに備えて楽天で2個買ったので、それぞれレビューしていきます。

 

1000円台のクールリングcicibellaの商品レビュー

ダイソーのクールリングは商品名「クールネック」で値段は税込み1,100円。

楽天で購入した「cicibellaクールリング」は1,782円でした(値段は変動する可能性あり)。

子ども用のサイズがあるのと、1,000円台というのが購入の決め手。

画像:楽天市場クールリングcicibella

 

ポスト投函で届きます。

楽天お買い物マラソン期間中にかったので、発送はちょっと遅めでした。

 

柄ありデザインにしました。
けっこう落ち着いた感じで、子ども用に買ったけど自分で使いたくなりました。

 

女性・子ども用サイズで首回りは33.5cm。

 

最初着けてみたときは首に圧迫感があって『苦しい気がするな』と思っていたんですが、その分ピッタリ密着するので首回りがしっかり冷えて気持ち良かったです。

装着するときにあまり広げて破れたらいやなので、開く幅を最小限に抑えて、ちょっとねじ込む気持ちで着けるようにしています。

子どもにはきつすぎずゆるすぎず、首回りをしっかり冷やしてくれます。

 

できるだけ長持ちさせたいです。

 

すぐ冷たくなくなる?

冷え具合は、水や冷蔵庫で冷やすよりもキンキンに冷やしたいので冷凍庫に入れています。

キンキンに冷やしているので、クールリングを着けた直後は冷たすぎるくらいです。

外作業してきた後やクーラーなしの部屋で装着すると、この冷たすぎるくらいのほうが気持ちよくて最高です!!

 

気持ちよさの持続時間はあまり長くはありません

これはどのクールリング(ネッククーラー)でも同じくらいだと思うので、高い商品だから持続時間が長いとかは期待できないと思って、1,000円台の商品なら十分すぎると感じています。

 

 

結露する?

「結露が気にならない」と購入ページには書いてありましたが、多少の結露はあります。

結露なしだと思い込んで使っていて、突然水滴が足とか衣類についていて『どっから出現した?』とビックリしてたらクールリングだったことが何度かあります。

 

溶け始の数分程度なのであまり気にならないですが、濡れたのが目立つ服で外出時だと気になるかもしれません。

 

2000円台ネッククーラーの商品レビュー

 

サイズは

  • 幼児にピッタリのXXSサイズ
  • 小学生中学年までの子どもサイズのXSサイズ
  • 小学校高学年~女性サイズのSサイズ
  • 大人用( 男性・女性)のMサイズ
  • ゆったり感の大人用Lサイズ

 

冷える温度は

  • エアコンのきいた部屋で固まる28度
  • ひんやり感や持続時間などバランスの良い24度
  • 屋外でもひんやり感がしっかり感じられる18度

 

購入当時は18度は完売してたけど24度の在庫があって、発送まであまりまたなくてもよかったので、この商品を買いました。

正直なところ、ひんやり感が一番期待できる「18度のクールネック」が欲しかったんですが、できるだけ早く入手したかたので、ちょっと妥協しました。

画像:楽天市場クール リング 

 

ポストに投函。
外装があっさりしすぎていて、何が届いたのかちょっとわかりにくかったです。

 

選んだのはシャーベットミント。
サイズはゆったりのLサイズ。

 

Lサイズの装着感は?

ゆったりサイズのLサイズは首との接地面が少ないです。

 

普通に首にかけると

  • 首の後ろ数センチ
  • 鎖骨あたり

くらいしか冷えません。

 

接地面が少ないので溶ける部分が少ないのか、結果的に首回りをなんとなくひんや~り冷やしてくれている時間が延長されている感じです。

ピッタリくっついてしっかり冷やすにはLサイズは大きすぎますが、ひんやりを持続させるなら大きめでもアリかもしれません。

結露する?

商品ページにも記載がありましたが、結露します。

1000円台でレビューしたクールリングよりも結露した時の水滴量が多いと感じています。

水滴がポタッポタッと落ちてくるので、水を嫌う作業中にはつけないほうがいいかも。
もしくは、上からタオルやスカーフなどを巻くといいかもしれません。

 

さいごに

ダイソーの1,100円クールネックと、1,500円前後や2,000円台のクールリングにそんなに違いはないんじゃないかと思います。

持続時間や冷える速さ、商品自体の消耗期間に多少の差が出てくるのかもしれないなーとは思いますが、今回購入した2つのネッククーラーは買ってよかったと思います。

 

エアコンのない室内で作業するときや、エアコンを切った部屋で昼寝するときに使ってみましたが、短時間ならけっこう快適に過ごせました。

一人につき3個以上購入して、ローテーションで取り替えて使えばかなりの節電効果が期待できそうです。
ただ、これさえつけてれば猛暑でも平気ということはありません。
また、初期費用がかかります。

でも、2~3個を冷凍庫や冷蔵庫で冷やしておくと、外から帰って「あー、あちー」となっているときに瞬時に冷やして心地良くなることができるので、持ってて損はないと言えます!!

 

「なんちゃって」とか「偽物」と言われたくないならSUOのクールネック(アイスリング)が良いみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました