折り紙で量産できる簡単な封筒の作り方!透け感あるのは2枚使いがおしゃれ♪

封筒の作り方

折り紙1枚でできる封筒の簡単な作り方を紹介します!

1枚の折り紙から作るので、市販の封筒よりも小さいサイズになります。

郵便で出すというよりはプレゼントに手紙を添えるときに使ったり、細かいものをおすそ分けするときにピッタリです。

 

かわいい柄の折り紙を集めるのが好きな人にはおすすめの簡単に大量生産できる封筒の作り方なので、たまる一方の折り紙でたくさん作ってみてくださいね(^^)

折り紙でできる簡単な封筒の作り方

封筒にしたいなーと思う柄の折り紙を用意します。

厚みがあったり裏表に柄がある折り紙なら1枚、ペラペラで頼りない感じの折り紙や透けるタイプの折り紙は2枚を使うといいですよ。

 

1.裏表に柄がある折り紙で作ります。

まず角を合わせて三角に折る途中でとめて、折り目を真ん中だけに付けます。

 

2.向きを変えて同じように真ん中に折り目を付けます。
十字の折り目になります。

 

3.中心の十字に角を合わせて折ります。

 

4.反対側も同じように折ります。

 

5.向きを変えています。
画像のように封筒の底を作るように折り上げます。

 

6.角を少し折り下げます。

 

7.開いて折った角を内側に入れます。

 

8.のりで貼ります。

 

9.フタの部分を下に折ります。

 

10.角を丸く切るといい感じになります。
角をカットするパンチを使うときれいにできます。

これははさみで切りました。

 

これで折り紙1枚で作る封筒の完成です!
簡単ですね!!

 

 

↓画像のように重なる部分の三角を切り取ると封筒に便せんをスムーズに入れられます。

 

2枚を貼り合わせる封筒の作り方

透けるタイプの折り紙で作ってみます。
普通の裏が白い折り紙を色を合わせて使いました。

 

1.まず端っこだけのりを付けてずれないように重ねて貼り合わせます。
一気に全面にのりを付けるよりもうまく貼り合わせることができます。

 

2.残りの部分にものりを付けて貼り合わせます。

 

3.乾いたら、1枚で作った封筒と同じ作り方で封筒を作ります。

 

裏表に柄がある折り紙を使うのが簡単ですが強度があまりないのが気になる場合は、2枚重ねて作りましょう

 

かわいい折り紙で作る封筒は何個あってもいいですよね。

手紙を書く機会はかなり減ってきていますが、お気に入りの便せん&封筒があると手紙を書きたくなります。

 

シールやキャラクターのカードを渡すときにも使えるので、いくつも作っておくと便利です。

 

さいごに


折り紙で簡単にできる封筒の作り方を紹介してきました。

 

角を丸くカットするパンチはすごく便利です。

角ばっているところを丸くするだけで、市販の封筒みたいになりますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました