月経カップはやめたほうがいい?痛いのか、デメリットや取れないと怖くて踏み切れない 

月経カップはやめたほうがいい?痛いのか、デメリットや消毒方法が気になって踏み切れない 女性の悩み

生理の時はナプキンが蒸れる、漏れるという心配や不安がつきものです。

2、3日で終わればいいけどダラダラと2週間続くこともあったりで本当に憂鬱になります。

生理用品に毎月お金がかかるというのも、女性だけでなんだか不公平な気になりませんか?!

そんな時月経カップというのを知って、「コスパいいし蒸れないしいいじゃない!」と飛びつきかけました。

が、本当に使えるのか?体に挿入するのは実は怖いと思って、メリット・デメリットや口コミをチェックしたので紹介します。

月経カップを使うのはやめたほうが人もいるので参考にしてみてください。

月経カップのデメリット

・手が汚れる

タンポンと違って直接膣に突っ込む挿入するので、嫌でも血液が付きます。

 

・洗わないとだめ

洗うのがとにかく面倒臭い。

 

月経カップのメリット

・財布に優しい・・・10年は使える
初期費用は高いが使い回せるので最初に買えば10年間は生理用品にお金がかかりません。

 

・スペース取らない、荷物にならない
洗面所やトイレのスペースを占める生理用品がないのでスッキリ。
旅行の時も『まだ来ないけど一応持って行こうかな』がなく、コンパクトな月経カップだけでOK!

 

・寝るときも安心して使える
膣壁に密着しているのでナプキンの横漏れ後ろ漏れとはおさらば。

 

・運動ができる
ナプキンと比べると、漏れを気にせず運動ができます。

 

・ナプキンタンポンに比べてゴミが少ない
実質「ゴミゼロ」ですが、血液が手についたら紙やウエットティッシュを使うので、まったくゴミがないとは言い切れません。

しかし絶対漏れないとは言えず使い方によってはやはり漏れるので、ナプキンやサニタリーショーツは保険として使った方がいいです。

・お風呂・プールに入れる

子どもと一緒にお風呂に入るときの悩みが生理ですよね。
タンポンだとヒモを気にする子どももいるみたいなので、月経カップなら何事も無く一緒に入浴ができます。

財布に優しそうというのは惹かれますね。

ナプキン・タンポンだったら10年間で私なら40,000円くらい必要でしょうか。
約300円のナプキンでひと月分×12カ月×10年 = 36,000円

夜用は基本使わないので、昼用2パックセットで278~298円のナプキンを使用。
元は十分取れる計算です。

 

ナプキン昼用夜用、タンポンと数種類を使っている人は人付きの生理用品代にかなりかかっているのではないでしょうか。

10年間で10万円を超える計算になる人もいるそうです

 

月経カップを使っていて慣れている人からすれば快適らしいですよ。

created by Rinker
メルーナジャパン
¥3,960 (2021/10/16 04:34:35時点 Amazon調べ-詳細)

月経カップの使い方

初めて使うときはまず煮沸消毒します。

①手を洗う

②月経カップは二つ折りにして、自分の体は下半身リラックスして挿入

 

月経カップが取れない!事件はよくある

月経カップはわりと奥の方まで入れて使うので、慣れないうちは取りにくいのではなく「取れない」で困る人がかなりいるようです。

これが怖くて月経カップに挑戦できない人も多いんじゃないでしょうか。

取れないときの最終手段は産婦人科に行くこと・・・。

出すとき、取れないときのコツは「いきむ」こと。

でも出産経験者でも「いきめ」と言われたら排便の時のように肛門に力を込めちゃうんですよね。
いきむってムズいですよ。

月経カップは痛いの?

カップの位置が下にありすぎると、痛いと感じます。

タンポンと同じで違和感がある場合はたいてい位置が悪いのが原因です。

出す時に痛いと感じる人もいるようです。

月経カップは消毒が必須

消毒方法は煮沸。
鍋でぐつぐつやります。

ってことは専用鍋が必要です。
その鍋、キッチンに置いておく・・・?

家族が間違えて料理とかしたらなんか気の毒ですよね。

月経カップの取り方

①手を洗う

②リラックスして下半身の力を抜く

③底の部分をつまむようにカップと腟壁との間に空気を入れて密着を解除したら、ゆっくり引き抜く

※一気に引き抜くとカップにたまった経血がこぼれるので、ゆっくりゆっくり

④経血はトイレに流す

⑤カップを洗う

※手に触る位置に月経カップ無いくてつまめないときは「いきむ」をやります

密着しているので空気を入れて解除するようにして引き抜きましょう。

月経カップを使わない選択

コスト面や蒸れからの解放を求めると月経カップに行きつくかもしれません。

でもやはり怖い・手が汚れる・洗うの面倒臭い、が理由で使いたくない。

やはり生理のときは・・・

結局ナプキンが一番落ち着く

使い慣れたナプキンに行きつくのではないでしょうか。

 

ナプキンで蒸れに困ったりコスパの面でナプキン以外の生理用品を探している人におすすめのアイテムを紹介します。

 

たぶんこれが生理の時の快適度最強!-ベスト3を紹介

シンクロフィット

単体ではあまり使わず、ナプキンと併用することになりますが、横漏れ・後ろ漏れが激減します。

 

布ナプキン

おしゃれで可愛い布ナプキンが人気です。
洗う、干すの手間はかかりますが、使い捨てのケミカルなナプキンの時と比べて快適だと感じる人はかなり多いです。

 

つけ置き洗いはセスキを使うのが基本です。

created by Rinker
地の塩社
¥1,373 (2021/10/15 20:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

nagiショーツ

生理吸収ショーツが類似品で売られています。
お好みのショーツを見つけられるといいですね。

月経カップをやめた方がいい人はこんな人

・手に血液が付くのが嫌

・ネイルをするので爪を短く切れない

・そもそも膣に何かを入れるのが怖い、痛い

・慣れるまでやって使いこなそうという気がない

どんなにゴミが減らせても、お金がかからないと言われても月経カップにはそれなりのデメリットもあります。

ナプキンやタンポンで別に問題なく過ごせてるよ、という場合は無理して月経カップにする必要はないですよ。

さいごに

20代、30代なら月経カップを試してみてもいいのではないかと思います。

もちろん40代から使っても問題なしです。
ただ、残り何年くらい月経があるのか不明だし、慣れるまで練習が必要となると忙しいのでリラックスしてゆっくりなんてやってられません。(注意!持論です)

 

子どもがいるのでお風呂に一緒に入れて便利そうではありますよね。

タンポンを引き抜くときの感じが苦手なので、私は月経カップユーザーにはなれそうにありません。

洗う手間がかかりますが、ゴミを減らす・節約するのが目的なら、私は布ナプキンを推します!!

運動をする、蒸れるのが嫌、温泉が好きで旅行好きという人は、月経カップを試してみてもいいのではないでしょうか。


人気の布ナプキン【楽天市場】

コメント

タイトルとURLをコピーしました