クリックポストで送れるもの・送れないもの|全国一律198円で本や小物を発送!

クリックポストで送れるもの・送れないもの|全国一律198円で本や小物を発送! 生活

日本郵便の「クリックポスト」はメルカリなどフリマアプリで売れた物を送るのにとても便利です!

全国一律198円で本や小物を発送できるし、自宅にプリンターがあれば発送自体はポストに出すだけなのでとても楽

 

便利で手軽に発送できる「クリックポスト」ですが、形や種類によって発送できるものとできないものがあるので注意が必要です。

クリックポストの価格:日本全国一律198円(2022年6月時点)

発足当時は全国一律164円。

185円【2018年9月1日】

198円【2020年4月1日】

この先まだまだ値上げの可能性はあります…(‘Д’)

 

クリックポストで送れるもの:サイズ

クリックポストのサイズは

長辺34cm×短辺25cm×厚さ3cm以下・重量1kg以下

となっています。

厚さは3cmを少し超えても郵便ポストの投函口に入れば許容範囲とみなされる傾向にあります。
とはいってもサイズや重量の上限をできるだけオーバーしないよう気を付けましょう。

超えてしまうと戻ってくる可能性もあり、窓口発送なら引き受けてもらえません。


長さ…14~34cm
幅…9~25cm
厚さ…3cm以内
重量…1kg以内

 

封筒でいえば長形4号(90×205)、長形40号(90×225)が幅の最小サイズになります。

 

最小サイズで送ると紛失しそうで不安なので、小さい物でもそこそこ大きめの封筒に入れて発送するようにしています。
何かを通販で購入した時にクリックポストやネコポスで発送された場合、箱を取っておくと良いと思います。
きれいなら再利用できるし、傷んでいたとしてもサイズの確認に使えます。


クリックポストもネコポスも厚みの上限は同じ「3cm」。

注意!サイズは問題なくても重量が超える

例えば「図鑑」。

サイズからいえば範囲内ですが、重さを計ってみると1㎏超えています。

 

いちいち重さを計るのは面倒ですが、ちょっと重量感もあるものはきちんと計ってみることをオススメします。

 


この本は横幅がオーバー。
大きな本はクリックポストやネコポスでは無理です。

 

クリックポストで送れるもの:内容・種類

クリックポストでの発送に適した商品は「薄型のもの」「こわれにくいもの」「高額ではない」といった点が共通しています。

クリックポストで送れるものの例

・本や雑誌、カタログ、コミック
・CDやDVD、Blu-rayディスク
・化粧品のサンプル、サプリメント
・スマートフォンケース
・衣料品(Tシャツ、ワイシャツ、靴下、手袋、スカーフ、ニット帽)
・文房具類(ボールペン、シャープペン、クリップ、ペンケース)
・玩具類(トレーディングカード、ミニフィギュア)
・アニメグッズ(ラバーストラップ、アクリルスタンド)
・ハンドメイド品(アクセサリー、スマホケース、ポーチ、人形の衣装など)
・食品

 

サンプルの化粧品などは人気があります。
CDやDVDなどは割れやすいので、梱包に注意が必要です。

雑誌はたいていのものがクリックポストで発送OK。

 

本は並べるとクリックポストで送るのにイイ感じのサイズになります。
重ねて合計4冊、薄かったら6冊くらいは送ることができます。
その時は重さをちゃんと確認しましょう。

2冊で460gなのでこのタイプの本だと4冊が限界か…。

 

 

漫画雑誌は厚みが3cmを軽くオーバーしているので、クリックポストでは送るのは無理です。

 

クリックポストで送れないもの・送ってはダメなもの

クリックポストで送れないものはサイズ・重量オーバーしているものは当然ですが、禁止されているものがあります。

郵便法違反により罰せられるので注意しましょう。

 

クリックポストで送れないもの

・現金:紙幣、硬貨
・高価なもの、貴重品:貴金属、宝石など
・信書:手紙、請求書、領収書、保険証券、履歴書など
※郵便禁止品:爆発物や毒劇物、危険物、など

 

クリックポストで送らないほうがいいもの

禁止品ではありませんが、壊れやすいものや保冷が必要な食べ物などはクリックポストでの発送には向いていません。

 

高価でもないし貴重品でもないけれど、なくなると困るものもクリックポストで送るのはやめた方がいいでしょう。

代えがきかないものはクリックポストで送らない!その理由

金額的にはたいしたことがなくても“代え”がないものはやめておきましょう。
例えば家の鍵など。

その理由がクリックポストには損害賠償サービスがないから。

発送後になくなってしまったり、破損したとしても補償はありません。

 

壊れないようにという措置は自分でできますが、紛失については予防策がありません。
紛失なんてめったに無さそうですが、万が一起きた場合は泣き寝入りすることになりかねません。

追跡サービスがあるので郵送の過程を見守ることはできますが、紛失した場所を確定できるわけではありません。

 

さいごに

メルカリで出品者として発送するときにクリックポストはかなり利用していました。
164円の時はよかったのに段階的に値上げとなってきてメリットがなくなりつつあるのが残念。

それでも利用しやすいサービスであることは間違いありません。。

紛失補償はありませんがいままで郵便事故にあったことはないので、安心して利用していいと思います。

『ちょっとサイズがギリギリかも?』と微妙な場合は、窓口からの発送ではなくポストに投函しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました